鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2013年3月21日木曜日

密かに進んでます・・・

正月に作り始めてたコークスクリュー は、実は熱処理も終わってた。
削り込んで細くなっているので、硬さよりも粘りを重視して熱処理をお願いしてあった。
硬さ低めになってるので磨くのは楽だった。
2500番まで掛けた後は、コンパウンドで磨き込む。
ピンを挿す穴に真鍮棒を嵌め込む。
真鍮棒は径5mm。かしめた後に成形する。

ハンドルにスクリューをエポキシで接着して、2mmのピン穴をあける。
ソングホールもあける。
鹿角は凸凹してて、そのままではドリルを当てるのが怖い。エンドミルでちょっとさらってからドリルを当てるといい。

















ピンとソングホールを刺す。
あともうちょっとで出来上がり。
ソングホールなくてもよかったかな・・・

3 件のコメント:

スズキ さんのコメント...

タング穴明け固定方法、簡単で確実でgoodです。

T ・やまもと さんのコメント...

この前のフォールディングナイフショーでコークスクリューを頂戴し、ありがとうございました。とても気に入っています。今度自分でも作りたいと思っています。
ところで熱処理硬度はいくらにしているのですか。自分の場合420J2なのでどうせさほど硬くならないと思い、指示していないのですけど。

ものずき さんのコメント...

真鍮棒かしめてってのは、以前ナイフマガジンでヒルトのピンにこの方法で加工してるメーカー(石黒さんだったかな?)を見て、真似してやってますw

あのコークスクリュー、気に入ってもらえて嬉しいですw
今回の熱処理はマトリックスアイダにお願いしたので、硬さはどのぐらいなのかは分りません。
通常の強さよりも疲労強度が心配だったので、硬さよりも粘り重視という事でお願いしました。
熱処理から戻ってきた状態は、表面が大分黒い酸化膜で覆われていたので、比較的高い温度の焼き戻しだった様です。

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。