鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2014年5月18日日曜日

削ってる?

サブヒルトファイターのヒルトを加工。
へんちくりんな形してて、めんどくさいだな・・・
今度彫ってもらう図柄の相談しに、星山さんちに行ってきた。
珍しくナイフ作ってたw

例によって業務連絡を頼まれた。
ジッポーに彫ってあった。
銀製らしい。偉く重厚だ。新品ではなく使ってる物みたいだ。
梨地の加工がなかなか面倒だったらしい。

こっちは新品だった。
真鍮にクロームメッキか。彫った部分が地の真鍮が出ていい感じだ。
反対側は蝶の柄。
真鍮だが表面のクロームが硬くて、意外と彫るのに手間がかかるらしい。
ジッポーの彫刻もなかなかいいねw
なんか面白いナイフがあった。
シースナイフだが、インターフレームのフォルダーみたいなハンドルが面白い。
なるほどこういうのに彫るのもいいな。
いいもの見れたw

5 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

ドクロは、ナチのトーテンコープフや
ゲシュタポの帽章はカッコエエね
デ

クロウサギ さんのコメント...

シースナイフのタングエンドに、小さな紐通し用の作りになっていることも、細かな味ですかねぇ~

そういえば、星山さんがナイフを削っているのって、初めて見たような気がします。

ものずき さんのコメント...

ナチスの紋章がモチーフなのかいね。

なんか面白い作りで、なかなか味のあるナイフでした。
そういや自分も星山さんがナイフ削ってるの、あまり見た事なかったりしますw
このところ彫ってばっかりですからね・・・w

クロウサギ さんのコメント...

改めて見ると、シースナイフはべっこうハンドルなんですね。
これは贅沢なナイフですねぇ。

SPGⅡの3.5inchドロップも完成間近ですね。
ゆっくりと時間をかけ、でもしっかりとしたナイフが出来上がるのを見ているのは楽しいですよ。

ものずき さんのコメント...

そう、これ鼈甲なんですよね。なかなか贅沢w
3.5incドロップはハンドルの荒削りがちょうど終わったと事です。
そのうち切りのいいところでブログに書きますw

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。