鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2014年5月24日土曜日

まだまだ続く・・・

ここ何日かのをまとめる。

3.5incドロップのハンドル整形。残すところを残して少しずつ削る。
荒削り終了。
ハンドルの研磨始め。
ブレードを磨いたペーパーを使って、340番→600番→1000番→2500番と磨いてく。
とりあえず340番終わり。

全貌が見えてきた。
本物?の93%縮尺。この絶妙な大きさがいいw
こっちはサブヒルトファイター。
ヒルトの前面を磨く。変な形で磨きにくい・・・
くっ付けてピン穴あける。
ヒルトとタングの接続部を削り込む。

やっと熱処理に出せるだな・・・
おまけ。
桶に収まる工場長w

4 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

マイカルタの模様は一定してるから
左右対称にするのにエエね。
デ

匿名 さんのコメント...

キャンバスよりもリネンの方が出てくる等高線が
細かいので、何というか上品な感じもありますね。
私はグリーンのリネンが一番好きです。

 HILTS

クロウサギ さんのコメント...

マイカルタのハンドル、いい感じですね。
直感で、これは「いい」と思えますね。

サブヒルトファイターも全容が見えてきたような…
端正な感じに見受けられます。
これまた仕上がりが楽しみです。

ものずき さんのコメント...

左右対称に削るには、これほどらくな物はないわw

リネンの方が細かいから、形状の判断もしやすいですね。
リネンの上品な感じもいいし、キャンバスの荒々しい感じもよくて、結構迷うところではありますw


ありがとうございます。
クロウサギさんのお眼鏡に適うなら嬉しいですねw

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。