鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2014年8月30日土曜日

出来た






名入れして3.5incドロップが完成した。
ブレードは3.6mm厚のスーパーゴールドⅡ、ハンドルはブラックリネンマイカルタ、フィッテングはニッケルシルバー。

スーパーゴールドⅡは二次硬化の特性はATS34とよく似ている。
硬さは普通に(?)熱処理するのとあまり変らない様だ。
若干耐食性が悪くなっているかもしれない。
粘りは確実に高い様だ
実際どう違うかは使ってみてのお楽しみw









無漂白の亜麻糸を使ってみたら、なんだか薄汚れてるみたいな感じに見えて今一だったか。
菱錐をいつもより幅広の物を使ったら、糸が沈んだのはいいが、微妙に沈み込みにバラつきが出てしまった。











標準的?な3.5incドロップと比べると、ブレードとハンドルの比率が違う。ブレードの割りにハンドルが短めに出来ている。
振り回す使い方をする訳でないので、ハンドルをギュッと握って使う事ってほとんどない。自分にとっては、この程度のハンドルの大きさで十分だ。

ちょっと昔のラブレスのモデルを縮小して作った。
この大きさはなかなかいいと思う。
3incのセミスキナーとあわせて、自分にとっての定番モデルにしようw

2 件のコメント:

クロウサギ さんのコメント...

定番、いいですね。

ドロップの形状の考察といい、このナイフ、完成されてますね!

ものずき さんのコメント...

デザインセンスがないから、スタンダードなものを定番にしますw
完成は実際使ってみてからですかね。
色々考えながら作るのが楽しいですw

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。