鉄工ヤスリでナイフを作る。必要なのは、手間と時間と根気と努力・・・ 自作ナイフなんて物好きのやる事だなぁ・・・

2016年11月28日月曜日

何が出る?

金曜の午後に仕事で猟場の途中まで行ったので、そのまま猟場に向かって二泊してやってきた。

土曜日
人数が集まらず久しぶりにタツマをやった。
三日前に降った雪が残ってるが、それほど積もってはいない。しかし幾分木々の葉も落ちて地面も白いので、獲物を見つけやすそうだ。
勢子がまだ近づく前に、沢を挟んで向こう側の斜面を中ぐらいの雌鹿が下りてくるのが見えた。
できるだけ近づくのを待つ。悟られてはいないので落ち着いて狙いを付けて追う。
鹿は警戒しながら所々立ち止まりながら沢に向かってくる。
下りてきたが向いてる方向からすると、少しづつ沢の下流に向かってタツマから離れそうだ。
立ち止まったところを狙いを付ける。距離は50mぐらいか。見下ろす位置だったので、鹿の左肩えら辺に照星と照門はあっていた。一の矢は12番のスラッグを込めてある。
引き金を引いた・・・しかし鹿は倒れない。走り出したところを二の矢は9粒のバックショットを掛ける・・・とどかないか・・・逃げるお尻に三の矢はスラッグだったが、やっぱり動く獲物には中らない・・・
そのまま沢を渡って逃げるか?と思ったら、下流の方でUターンして来た斜面を戻ろうとする。
立木の向こうでもぞもぞ見える。何処から撃たれてるのか分からず警戒している様だ。
立木越しに立ち止まったのが見える。しかし100m近く距離がある。
弾帯からここぞという時のロットウェルのブリネッキを、二発取り出して薬室と弾倉に込める。
ダメもとで撃ってみたがが、鹿は走り出した・・・やっぱり中らん・・・
やけくそで二の矢を掛けるが中る訳ないな・・・
逃げる鹿を眺めてると、なにやらビッコを引いてるみたい。半矢にしてしまったか?
勢子に掛かるか?と思ったが、まだ勢子が近づく前だったので、結局切られてしまったみたいだ。
解除の跡に撃った場所と行った方向をつけてみたが、血の跡もなく結局何処に行ったかは分からなかった。
この日は上のタツマで鹿が一頭獲れただけだった。

日曜日
明け方から雨が降って、皆やる気が今一・・・
本部(解体小屋)に集まって作戦会議。
そのうち雨がやんできたので、あまりやらない猟場を小さく囲ってやってみる事にした。
この日は勢子として山を歩いた。いつもの猟場と違って山を登る高さは大した事ないが、所々藪が茂って歩きにくいところもあった。
見ていると獲物の比較的新しい足跡は結構あった。蹴爪が特徴的な猪の足跡もあった。
今回は期待できるかと思ったが、上手い事タツマに掛からなかった様で結局ボウズに終わった・・・残念w


カウリYのドロップとセミスキナーはベルトループを広めに作ったので、今猟期は弾帯に下げて持ち歩いてる。
ナイフはザックに入れて持ち歩いていたが、耐久テストのつもりで腰に下げている。どのみち持ち歩く事には変わらない。

使ってみる事で色々分かる事もある。
とくにシースについては、ナイフ本体以上に使ってみないと分からない事が色々あった。

使い込んでボロが出るより味が出る方がいいからねw

8 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

残念な結果やけど、次に繋がる経験に
なったらエエがな。
銃身はライフリング切ってあんの?
デ

ものずき さんのコメント...

散弾なんで平筒ですがなw
サボット銃だと半分ライフリング切ってあるけど、サボットは弾高いだよ・・・

匿名 さんのコメント...

10年迎えてライフル買うのを待つしかないなw
デ

ものずき さんのコメント...

あと5年だな・・・w

匿名 さんのコメント...

スグ来るわw
デ

ものずき さんのコメント...

歳とるのも早いだなw

匿名 さんのコメント...

ああ、ヒトゴトやないでw
デ

ものずき さんのコメント...

確かにそうだなw

ブログ アーカイブ

自己紹介

単なる物好きです・・・ 質問や意見があったらコメントに書くか、もしくは monozuki_nahito@yahoo.co.jp までお願いします。